読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SISHO FC マガジン

このブログは、FIFA16のキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

UD ALMERIA:Part59

停滞ムードも連勝を記録。しかし・・・

膝の負傷からペレイラが復帰した第12節エスパニョール戦。

ただ、負傷者続出の連鎖からは抜け出せておらず、この試合はサンチェスが足首の負傷で起用できなかった。もちろん、ネグレドやポソも。

戦い方としては、ゴメスを頂点に置いた4-2-3-1を踏襲。ペレイラを左サイド、バレンティンを中盤右サイドで起用した。

ペレイラはこの布陣で初起用だったため、左サイドのバランスを懸念していたが、「中に切れ込む」にして足元で受けさせることによって、アンヘリーノのオーバーラップをスムーズに活かせていた。

また、逆サイドのバレンティンは積極的に裏に飛び出すことで、左右で異なる崩しが出来ていたのは良かったと思う。

 

 ベスト32で敗退(合計1-3)となってしまった国王杯のソシエダ戦は、いろんな意味で厳しい試合だった。言いたいことはたくさんあるが、負傷者や疲労、その他もろもろ言い訳はするべきではないだろう。

前回対戦では左サイドのシャトフ、今回は右サイドのカルロス・ベラ。そんな感じだ。この選手に自由を与えていた。それに、こちらも守備の面でミスが多くバランスを欠いていた。やりたくない守備を強いられていたとでも言うべきか。試合をほとんどコントロール出来ていなかった。

さらに、この試合で今度はロチーナを負傷で失う羽目になった。我々にできるのはこの呪いが解けるのを待つことだけだ。

 

第13節のレバンテ戦は、そういった流れを引きずったような試合だった。

攻守においてミスが多く、落ち着かない。典型的なダメな試合内容。前半はいつ失点してもおかしくなかった。

攻めても、5バックで中盤とDFラインの距離が近いレバンテDFを前に手を焼いていた。

それだけに、前半終了間際のペレイラの先制ゴールは「棚から牡丹餅」以外の何物でもない。

結果的にはこのゴールによって勝ち点3を獲得、順位も5位に浮上したわけだが、あえて言う。「これではダメだ」と。

我々は昇格チームだし、チャレンジャーだ。しかし、こんな勝ち方をするために、この2シーズンを戦い抜いてきたわけではない。

これも何度も言ってきた。これなら負けた方がマシだ。こんなチームは誰の記憶にも残らない苦しい残留争いをして、さっさと降格すればいい。何度でも言おう。これではダメだ。

 

ポソ復帰が迫る。そして1月の移籍市場も

f:id:sishofc:20160723111816j:plain

次節エイバル戦では、ようやくポソが帰ってこれそうだ。ただ、まだ完治というわけではないため、先発するかは微妙な情勢。

そして、ロチーナの古巣グラナダと第15節。そのロチーナは負傷で間に合わないだろう。

 今季はとにかく負傷者が多い。そんな中で迎える1月は、またこれまでとは違った動きになりそうだ。当然ながら固まった補強費を確保できていない影響も大きい。

「誰も出て行かなければ、誰も来ない」そんな一カ月を予想する。選手層の拡充といった意味でも、若手のレンタルを中心に必要最低限にとどまるはずだ。

 

 

 

 

広告を非表示にする

UD ALMERIA:Part58

掴んだ自信、その敗戦もどこ吹く風?

このチームはまたひとつ学び、成長できたと感じた。

台所事情が厳しい中、新機軸として取り入れた4-2-3-1が成功の兆しを見せたからだ。

今季での引退を表明しているジョルディ・ゴメスを頂点に、ポスエロ、サンチェス、アンヘリーノなど、走れるタイプの選手達が前線に殺到していきゴールを急襲する。そんな青写真を、ぶっつけ本番という中で、なんとか形にできたと思っている。

そういった意味でも第10節のラージョ戦は「ひと安心」の一言に尽きる。ストライカー不在という中で今季最多の4ゴールを記録できたことも個人的には高く評価。

これで、引退を表明し残留が決定するまでは戦力外に近かったゴメスには頭が上がらなくなってしまった。

 

つづく11節ではソシエダに敗れてしまったが、なんというかやはり、昇格した今季とくに感じることが多い「チームで勝って、個人で負ける」この感覚。

ロシア代表ウィングのオレグ・シャトフにはお手上げ状態で、右サイドをズタズタに引き裂かれての”綺麗な”2失点はリプレイを見ているかのようだった。

この惨劇を止める術は、こちらのRMとRBで挟み込んでボール奪取するしかなかったと思われるが、そもそも、あそこまで深い位置でのうのうと一対一を仕掛けられること自体が、私の学んできたフットボールの教科書には載っていない。

もっと前で取り返していれば、この90分であんな場面は一度たりとも訪れなかった。その”あるはずもなかった”局面が2度も訪れてしまったことに関しては、ソシエダの選手たち一人ひとりを称賛したい。彼らは速かった。我々よりも速かった。我々の辞書には「遅らせる」という言葉はなかった。そして、これからもそれを新たな言葉として書き加えることはないだろう。

 

ホセ・アンヘルとの契約を更新

f:id:sishofc:20160723102210j:plain

ラージョ戦で今季初ゴールを記録したホセ・アンヘルとの契約を1年更新した。

これによりサラリーは10,000ユーロに。

 

 

 

広告を非表示にする

UD ALMERIA:Part57

3-4-3、ゼロトップ

ポソとネグレドを負傷で失ったチームは新たな戦い方を模索中だ。

その初陣をアトレティコ戦で迎えなければならなかったわけだが、試合開始序盤こそ噛み合わなかったものの、すぐにペースを見出して互角の勝負に持ち込むことに成功した。

失点は自分たちのミスから喫したものであり、どちらも中盤でのボールロストから奪われている。ただ、マドリー戦同様に優勝を争うチーム相手に互角、いやそれ以上の戦いができたというのは大きい。

 

つづく国王杯ベスト32ファーストレグでも同じフォーメーション。コウシジャスとバーカーが初先発となった。

チームの全体的な出来はまだしも、ソシエダというチーム自体はほとんど寄せ付けなかったと思う。個人で言えば、初先発の2人は素晴らしかった。

 

さらに第9節のヘタフェ戦でも同じく3-4-3を採用したが、この3試合(1勝2分)を通して内容は満足できるものではなかったと感じている。ヘタフェには勝利したものの、前半の試合内容には呆れてしまった。シュートが0なんて冗談でもあってはならない。唯一の収穫は、ようやくロチーナがフィットし始めたということだろうか。

 

3-4-3は”失敗”

負傷者が続出する中、わりかし大きな希望を持ってこの3戦に臨んできたが、1勝2分という結果は及第点、そしてその内容は落第点だ。望んでいた形はほとんど作れなかったと言っていい。

改善の余地もあるが、ここはあえて、また新たな方向を向きたいと考えている。

コンセプト自体は変わらない。ストライカーがいないのだから、そもそも変えようがない。ただ試してみたい形がもうひとつあるということだ。

 

ペレイラも離脱

アトレティコ戦で負傷したペレイラは膝の過伸展で4週間の離脱。

これまで負傷離脱した3選手はいずれもレギュラークラスで、もともと層の薄いチームはほとんど野戦病院状態。”成長には痛みが伴う”ということなのだろうか。

広告を非表示にする