SISHO FC マガジン

このブログは、FIFAのキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

FC BARCELONA B:Part1

f:id:sishofc:20180225002656p:plain

 

うも、お久しぶりです。

動画の方でもお話ししましたが、約1年半ぶりの復帰となりました。

みなさんと再会できたことを嬉しく思います。そして、その再会の地となったのはバルセロナです。

f:id:sishofc:20180225005121j:plain

しかもBチームという・・・。

これには賛否両論あるかと思いますが(むしろあってほしい)、このチームがベストだったのです。これはいずれ分かることでしょう。

f:id:sishofc:20180225001014p:plain

 

私はもともとバルセロニスタではありません。正直に話しましょう。

しかし、このチームを率いる以上、私はバルセロニスタです。このチームの歴史や哲学を重んじ、ベストを尽くすと約束します。

 

 

 動画にも載せましたが、主なルールは以下

f:id:sishofc:20180225002610j:plain

 アルメリア時代と同様にユースアカデミーも使用しない方向でいきたいと思います。

 あと、試合時間については短くする可能性はあると思います。喋りながらやると予想以上に長くなったので。できれば統一していきたいところではありますが。

 

プレシーズンツアー

 動画でもお送りした通り、チームはすでにプレシーズンで2試合を消化しました。

結果は連勝。いい感じですね。

この大会に優勝すると300万€近いお金が入ってくる予定で、現在の資金が150万€程度と、補強に回せる余裕がほとんどない状態なのでぜひ勝ちたいところ。育成が指針のチームとはいえ、基本は選手を獲得して成り立っていますからね。

 

第3節はイングランドミルウォールとの試合です。

チームは決勝トーナメントへの進出を決めていますが、選手のコンディション上昇も考慮すると勝ちたいですね。

 

 

 

#1

youtu.be

 

 

広告を非表示にする

UD ALMERIA:Part65

グラシアス、アディオス

ここまで続けてきた冒険が、突然このような形で終わりを迎えてしまったことを申し訳なく思っています。

残念な気持ちもありますが、これが最善の選択と考え、決断しました。

 

今まで応援してくれた方々、ありがとうございました。

またベンチに戻ってくる日が来たら、その時はよろしくお願いします。

広告を非表示にする

UD ALMERIA:Part64

ここ10試合で1勝、監督交代か

 22節バレンシア、つづく23節はバルセロナと、強豪相手の連戦だったとはいえ、結果は厳しいものに終わった。

この2試合で奪った3ゴールもセットプレーと相手のミスのみであり、これは看過できないものと感じている。ここ10試合で1勝という未曾有の事態も、当然ながら無視できるものではない。

バレンシア戦も取られて追いつく厳しい展開だったが、バルセロナ戦はさすがに効いた。目の前が真っ暗になる感じがして、なにも言葉が見つからなくなってしまった。話そうと思っても、本当になにも話せなかった。

程なくして、強烈な無力感が襲ってきてどうしようもなくなった。とにかく落ち着かなかったね。

どうすればいいか、本当に分からなかった。どうすることもできない事が分かっているのに、それを認めたくなかったんだろう。とにかく落ち込んでいたのは間違いない。

 数時間後、頭には「辞任」の二文字が浮かんでいた。それが最善の選択だと感じる瞬間が確かにあった。

 

これまで、今季が終わった後のことは話さず来た。

まず、時期的に話すタイミングが難しいということがひとつ。そして、今季限りで契約が切れるアルメリアの監督を退任することは既定路線だったこと。それが今まで去就について話さなかった理由でもある。

ここで改めて話すと、今季がアルメリアでのラストシーズンだ。それ以上続けることはない。それだけは間違いない。

あとはその時期が早まるかどうか・・・。すでに焦点はそこに絞られている。

 

 

広告を非表示にする