SISHO FC マガジン

このブログは、FIFA16のキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

キャリアモード始動!

はじめまして。
キャリアモードのプレイ動画をYouTubeにアップしてます。

難易度はレジェンド、試合時間は6分、ゲームスピードは「遅い」にしてみました。これは進めていくうちに変わるかもしれないですね。

僕はキャリアモードをやるときはだいたい最初の移籍市場は無しでやります。
最初から補強できちゃうと、すぐに萎えてしまうんですよね・・・。
逆に、無しにして始めると11月ぐらいで「冬まで頑張ろう」という気になるので良いですw


・チーム

セグンダディビシオン(スペイン2部)のUDアルメリアを選びました。
僕はポゼッションを志向するので、そういったサッカーに適応できる選手が揃っていると思います。


・フォーメーション
4-3-3です。
サイドバックは「常にオーバーラップ」で、積極的に攻撃参加させます。
アンカーはシリーズを通して上がりやすいので、低めに配置して「攻撃時に上がらない」に。これで多少はマシになります。
あとは戦術でビルドアップのスピードが速いと上がりやすくなるようです。DFの設定にしてしまう方法もありますが、まだ16に慣れてないので、普通にCDMにしてます。
ウィンガーのポジションは、ポゼッションのなかで活かすことが難しいポジションです。特に16ではドリブルが難しくなったので、オフ・ザ・ボールの動きをうまく引き出してやらないと試合から消えます。
それはストライカーも同様で、「裏に抜ける」にすると試合から消えてしまいますね。特にポゼッションを高めてプレーする場合はそれが顕著です。ただ、カウンターを多用する場合は、むしろ裏に抜ける動きが活きる場面が多くなるかと思います。

・戦術
コンセプトはポゼッション、ハイプレスです。
できるだけボールを大事に、ショートパスを繋いで崩すことができれば理想です。16ではGKの空中戦が強くなり、クロスが弱体化したので、今まで以上にクロスは上げなくなると思います。カウンターの原因にもなるので、上げるのが怖いぐらいです。

そのカウンターを止める手段はハイプレスです。相手にボールを奪われた瞬間は、だいたいポゼッションをして全体が押し上がった状態なので、そこから一気に挟み込みに行きます。
自分たちがボールを持っているときはピッチを広く、持っていないときは狭くすることを意識します。
それでも突破してくるのがレジェンドですが、ある程度追って奪えなかったら諦めてリトリートしながら危険なパス、ドリブルのコースを消します。この状態は、90分間でいわばいちばん恐れている状態でもあります。とてもスタミナを消費しますからね・・・。