SISHO FC マガジン

このブログは、FIFAのキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

【1月の移籍市場】UD ALMERIA:Part12

今回は特別編(?)
ここでは、1年目冬の移籍市場が迫ってきたということで補強ポイントとそのターゲットなどをまとめてみた。
 

 

 

冬の補強後のスカッド

f:id:sishofc:20151105072455j:plain

 システムは補強後も4-3-3が予想される。
 
DFラインはこの人選が基本になってきた。
幾度となくチームを救った正GKフリアンにはそれなりのオファーが予想され、マセドはチームトップのサラリーを要求、デュバルビエールは2週間離脱した後の復帰戦で3週間離脱とセグンダ最少失点を誇るセットにピッチ外の脅威が。
超新星マリンはできるだけ長くチームに留めたいところ。
 
シーズンスタート以来、悩みの種でもあった中盤とウィングのポジションはアップグレードが不可欠。もともと資金的に厳しいため、どこまで理想に近づけるか。
それなりの代償を払わなければミチュクラスの冬の獲得は難しく、まだ高値が付きそうなゾンゴ、チュリ、エレーラなどが放出候補に上がっているのはそのため。
得点力不足解消のためにも、ミチュはこの冬に獲得したい。
 
 期待に応え始めたのはポソ。今やゴールはこの男に頼りきりという感じ。
それだけでなく重要な崩しのピースでもある。チームで唯一「華麗な身のこなし」を持ち、パス主体の戦術にアクセントをつけられる。
 
 
補強ポイント
 
【ウィンガー】緊急度 ☆☆☆
守備的MFのアゼーズをコンバートしたほど層が薄い。ゾンゴやチュリは売却する可能性が出てきて、プレシーズン良かったハジッチも今やリザーブが定位置に。唯一本職のイバン・サンチェスも今ひとつ乗り切れない。
 
【インテリオール】緊急度 ☆☆
アゼーズのコンバートにより影響を受けたポジション。アゼーズはウィングに加えてCBでも好パフォーマンスを見せており、このポジションにはしばらく帰ってきそうにない。序盤はレジェス、ホセ・アンヘル+アゼーズ、ソリアーノでなんとか回した。グラナダからローンのファタウは戦力外に近い。
 
【アンカー】緊急度
ファタウに幻滅して、モントーロの一人舞台と化している。レジェス、ホセ・アンヘル、アゼーズなども務まるが求めているタイプではない。じつは星3つ?
 
【左サイドバック緊急度
キャプテンのデュバルビエールと控えのカステジャーノに大きな能力差がある。最近デュバルビエールが怪我がちなのも気がかり。ただモルシージョやナバーロも対応可能なため、資金に余裕があれば。
 
【右サイドバック緊急度
マセドの売却説浮上で星。契約延長ならチームトップの高給取りとなるマセドを即売却し、より低給の後釜を獲得するか。
 
 
主要ターゲット
 
【ST】ミチュ:スウォンジー

f:id:sishofc:20151105072606j:plain

ナポリでのセリエA挑戦が失敗に終わり、帰ってきたウェールズの古巣で戦力外に。
元々は中盤の選手で、二列目からの飛び出しを得意としていた。
今期で引退する可能性の高いソリアーノの後釜にぴったり。ボスマンプレーヤーだが、冬の獲得を目指す上での障壁は高額なサラリーと移籍金。
獲得となれば中盤起用か?
 
 

f:id:sishofc:20151105072710j:plain

王国ブラジルの血を引き、ベルギーで生を受けた逸材。
サー・アレックスが直々にユナイテッドへの加入を勧誘した選手でもある。
豊富なアタッキングスキルを持ち、プレースキックの精度もファン・マタがキッカーを譲ったほど。
ユナイテッドではなかなか固まった出場機会が得られていない。レンタルでの獲得が現実的。
 
 
【CAM】フラン・メリダウエスカ

f:id:sishofc:20151105072758j:plain

バルサカンテラからアーセナルに引き抜かれ、セスク後を期待されるもプレー時間を求めてスペイン帰還。その後はブラジルに飛ぶなど一点して苦労人の道へ。昇格チームでもあるウエスカ戦ではこの男に翻弄された。得点ランクでも上位にランクイン。
 
 
【CM】ジョルディ・ゴメス:サンダーランド

f:id:sishofc:20151105072902j:plain

ウィガン時代は現エバートン監督ロベルト・マルティネスの秘蔵っ子的存在であった。左利きのスペイン人MF。PK職人の一面も持っている。
グスタボ・ポジェ解任以降、もともと少なかった出場機会がさらに減。(ビッグサム就任で変化?)
インテリオールに加え、トップ下、サイドも務まる。レジスタ的な起用も?
 
 
【LB】アルマン・トラオレ:QPR

f:id:sishofc:20151105073014j:plain

ウィンガー並みの攻撃力を持ったスピードスター。フランス生まれだが、A代表セネガル代表入り。最近は伸び悩み気味で、ハイライトは4-4-2の左サイドアタッカーとして鳴らしたポーツマス時代にまで遡る。
 
 
【LB】アレハンドロ・グリマルド:バルセロナ

f:id:sishofc:20151105073123p:plain

バレンシアユースでキャリアスタート。2年後にバルサB入り。身長はないが攻守ともに安定しており、スピードもある。セグンダの最年少出場記録を持つ20歳。

ボスマンプレーヤーのアルマン・トラオレと異なり、ローンで獲得できる若手のためペレイラ同様コストパフォーマンス◯。
 
 
【RB】ドグラス:バルセロナ

f:id:sishofc:20151105073253j:plain

 サンパウロ時代は中盤のサイドでも起用されたブラジル人ラテラウ。鳴り物入りでバルサ入りするも怪我を重ねるうちにアウベス契約延長、セルジ・ロベルトがブレイク、放出が噂されるように。同胞で同ポジションのマセド売却が現実味を帯び始めて急遽リストアップ。
 
 
放出候補?
 

f:id:sishofc:20151105073305j:plain

 
【ST】ジョナタン・ゾンゴ
    チュリ
    クリスティアン・エレーラ
    キケ・ゴンサレス
            プエルタス
【CB】カルロス・クエジャール
            チャーリー・トゥック
            ミチェル・サバコ
【RB】ミシェウ・マセド
【GK】カスト