読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SISHO FC マガジン

このブログは、FIFA16のキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

UD ALMERIA:Part30

 

第6節 マジョルカ HOME

前節同様のフォーメーションに若干の変更を加えました。

攻守において小さなミスが多く、あまり良い流れになりませんでしたね。

動画ではリベラが「あまり良くなかった」と言ってポジェに代えてますが、同点ゴールはリベラのボール奪取から生まれてます。

リベラはアゼーズのように1人で広範囲をカバーできるタイプではなく、局地的ではありますがうまいポジショニングからボールをかっさらうようなプレーが良いですね。それは開幕戦でも見られました。

長身でしっかり味方に繋げられるパスもあり、もっと良くなると思います。

 

第7節 ウエスカ AWAY

相手が6戦全敗しているとはいえ、ここは鬼門でした。たしか1年目は同じ舞台で0-2の完敗。4-3-3で臨んだのも、その敗戦があったからです。

前半開始早々に、しかもサンチェスが先制ゴールを決めたのは大きかったですね。サンチェスの復調は補強みたいな感覚です。

しかし、直後に自陣でボールを失って同点ゴールをメリダに持ってかれました。あそこでファールを取られなかったのは驚きました。こちらがああいう守備をしても取らないでほしいですね。もっとも、この試合ではそういった守備をする以前の問題でしたが・・・。

いや、ありましたw

前半終了間際に、中盤で起用したポソがボール奪取。そのまま持ち込んでクラマリッチの勝ち越し弾をアシストしてます。この試合もポソは素晴らしかったです。かなり守備もうまい。

後半はさらにミスが増えた印象で、決定機はマフェオのパスからクラマリッチがシュートを放った場面ぐらいでしたかね。

クラマリッチは頑張っていましたが、期待が大きい分、物足りなさを感じさせる。前半も味方に向かってシュートを放っていました。ただ、なんとなく結果は出しているので今後が楽しみです。


ベガスは今季最大の発見?

 ふつうに試合に出てますが、素晴らしいですね。

モルシージョの低調なパフォーマンスや契約問題なども助けて、完全にレギュラーの座を獲得しました。

正直ここまでの存在になるとは思ってなかったですね。

1対1にめっぽう強く、5節までの連続無失点はこの選手の存在がなければあり得なかった。

広告を非表示にする