SISHO FC マガジン

このブログは、FIFA16のキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

UD ALMERIA:Part33

第11節 ヒムナスティックAWAY

第9節にサラゴサを2-0で破っていたヒムナスティックとの一戦。
前半開始早々、クロスボールからエマナに決められ先制を許してしまった。どうしようもないゴールならまだしも、軽率なミスからの失点は減らしていきたい。
その後は自分たちのペースを取り戻し、今季インテリオールの新境地を開拓したポソを中心に攻め込んだ。
クラマリッチのヘディングでの同点ゴールをお膳立てし、自らも粘り強い逆転弾を決めたポソはマン・オブ・ザ・マッチ獲得。
 
 
第12節 ビルバオ HOME
相手は1年目に2戦2分と苦戦を強いられたビルバオ
トレーニング中に負傷していたナバーロは問題なく起用することができた。
前半は、今季の悪癖でもある簡単なボールロストによる落ち着きの無さを露呈。先制には成功したものの前半は支配率で相手を下回るなど酷い45分間で、ハーフタイム中は閉口を禁じ得なかった。
後半に入ってもうまく切り替えられず、目の荒いザルの如く軽い守備でミドルを叩き込まれている。
しかし、これでようやく目が覚めたか69分にはオベルタンのゴールで勝ち越しに成功。支配率も5%盛り返し、ロスタイムにはポジェが加点。
リベラ、オベルタン、ポジェの初ゴール3連発で勝利したチームはリーグ戦4連勝を飾った。
 
サンチェスがサラリーアップを要求
動画にはありませんでしたがイバン・サンチェスがポツリ。
チームで唯一の左利きのウィンガーということもあり、契約延長は間違いなさそうです。
 
 
 
 
 
広告を非表示にする