読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SISHO FC マガジン

このブログは、FIFA16のキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

UD ALMERIA:Part51

移籍市場での動き
 前回は7月の半ばまで進めて、”収穫”はアルベロアの獲得のみ。
しかし、1部に在籍する恩恵というものを肌で感じる有意義な契約だったと思う。
また、ベテランだけではなく若手を迎え入れる姿勢は相変わらずで、現在は18歳のMFペペル獲得へ向けレバンテと交渉中だ。

f:id:sishofc:20160615132520j:plain

売りの方に関しては、アゼーズとクラマリッチに650万ユーロほどの値札を付け、オファーを待っている状況。
昨シーズンの加入以降ゴールを量産してきたアベナッティにもタグが付いている。
チームにとって今夏最大の目標はあくまでネグレドの電撃復帰であり、長身で左利きとタイプが似通うウルグアイ人STへのニーズは急激に低下してしまっているのだ。 
あとはオベルタンとポスエロ。契約が今季で満了するオベルタンの売却が決まれば、ポスエロは残留。逆にポスエロが去った場合はオベルタンとの契約を延長する運びとなるだろう。
そして、移籍リストに載せた選手たちの売却が決まれば、いよいよネグレド復帰に向けてバレンシアとの交渉に入ることになる。
 

f:id:sishofc:20160615134428j:plain

当時の指揮官ウナイ・エメリのもとアルメリア躍進に貢献したネグレド

後ろは現在もバレンシアでチームメイトのパブロ・ピアッティ

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 
これまでに決まった移籍
 
IN
【CB】バスティアン・ベガス   アウダックス・イタリアーノ   250万€(買取オプションを行使)
 
OUT
【GK】カスト・エスピノサ レアル・サラゴサ フリー
【RB】シモ・ナバーロ サンプドリア フリー
【RB】パブロ・マフェオ マンチェスター・シティ レンタルバック
 
 
 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
 プレシーズンツアー
 
過去2シーズンと同様に、この夏もプレシーズンツアーに出発。ベルギーで行われるヨーロピアン・インターナショナル・カップに参加した。
最高獲得賞金500万ユーロという大会ながら、毎シーズン感じるジレンマがここにはある。それというのも、「移籍市場で動きながら賞金が掛かったテストマッチを戦っていく」ということが、個人的にはとても難しく感じる。
 
アルメリアバスティアシェフィールド・ウェンズデー、オーステンデと共にグループAに入った。
第1節バスティア戦、第2節シェフィールド・ウェンズデー戦は3バックをテスト。結果は1分1敗だった。まだまだ問題点が山積みではあるものの、「後ろ3枚が答え」という認識は変わらず持っている。
そして、勝たなければ最下位でグループステージ敗退という中で迎えた第3節オーステンデ戦は、昨シーズン使っていた4-1-4-1。新加入のアルベロアをCBで起用。
直近の2試合にはなかった安定感で勝利を収め、グループAの2位にギリギリすべり込み。なんとか準決勝進出を決めている。
 
 
 

 
 
広告を非表示にする