SISHO FC マガジン

このブログは、FIFAのキャリアモードについて動画では触れられなかったことなどを中心に書いています。

FC BARCELONA B:Part4

開幕戦!

過去最高といえる状態で迎えた開幕ルーゴ戦。

相手の右サイドに狙いを定め、こちらの左サイドにタブラ、アルナイスを縦に並べる3-4-3で試合に臨む。

f:id:sishofc:20180302224758p:plain

結果はこれが吉。前半にブスケツのワンタッチパスからタブラが持ち込んでPK獲得。狙い通りのプレーで試合の流れを呼び込む。

PKは、プレシーズンでも成功させていたアルナイスがGKに触れられながらも気合で沈めて先制に成功した。

このPKを獲得した場面、改めて振り返ってみるとブスケツがパスを出したタイミングがとても重要だったと感じた。あの場面でダイレクトでパスが出ていなかったら、このPKはおそらく存在していなかっただろう。

 

後半もまたタブラが躍動する。

アルナイスからパスを受け、内に切れ込んでブスケツへ。このブスケツのパスにアベル・ルイスが抜け出して2点目。

このフォーメーションで臨んで本当によかった。ピンチもあったが、オルトラのグッドセーブ、パレンシアのカバーリング、コスタスのタックル、チーム全体でカバーしていた点も素晴らしかった。0で抑えたことは次節への自信に繋がるだろう。

 

また、ルーゴへと移籍していたのはかつてアルメリア時代に共に戦っていたエレーラ、チュリ、アゼーズ。この3選手との再会も実はあったりした。

 

youtu.be